終戦記念日に思う事。

終戦記念日。

昨日、90歳のユン様の親戚のおじちゃんと偶然出会ったタバコ屋のおばあちゃんの戦争体験話を聞く事が出来た。

満州から逃げてきた

とか

シベリアに4年いた

とか。

想像を絶する体験して生き抜いてき抜いてきたおじいちゃんとおばあちゃん。


元気に笑っていたなぁ。

何年経っても癒えない傷を抱えているだろうけどにっこり笑っていた。


高々2週間忙しく働いて「疲れたび〜ヽ(´Д`;)ノアゥア...」・・・なんて言ってる自分がとっても嫌になった。



昨年の秋、鹿児島の知覧に行った。
e0190252_2154878.jpg

こんなに長閑な風景が漂う知覧は太平洋戦争中、特攻が出撃する場所だった。
e0190252_2154535.jpg


今も様々な跡地が残されており、足を運ぶ度に胸が痛くなった。

写真☟は、特攻隊の宿舎跡。

お国から命を承けたら、ゼロ戦に乗っかったまま敵空母に突っ込んでいくというあの「特攻隊」の隊員の宿舎跡です。

山の中にひっそりあるバレないように建てられた三角兵舎という建物は、
特攻隊員が世の中から身を潜めて(特攻隊という存在を知らされないようしていた)生活をしていました。
そして、「なでしこ隊」という知覧校女の女学生がここで出撃を待つ隊員のお世話係をしていた場所です。
e0190252_2155092.jpg

日本を担う前途有望な若者がここから死に進んでいくだなんて・・・とても尋常じゃありません。


資料館や跡地を巡り、戦争という事実を受け入れる事に凄くエネルギーを使い、帰る頃にはどっと疲れがきました。

その時の風景や感情を考えただけで、はち切れそうな気持ちになるのに、
この時代に生きていた人は、実際に体験していて、
今日あった親戚のおじちゃんも偶然会ったたばこやのおばあちゃんも惨い経験をしている。

戦争を知らない私は、ただただ大きな溜め息が出るばかりです。

そんな惨劇を生む戦争なんてなくなればいいと思いますが、
今も何処かで銃声や爆弾が鳴り響いているのが事実です。

人が人の命を奪うだなんてあってはならない事。

どうか、そんな惨い事がこの世からなくなって欲しいし
これらを風化させてはいけないんだ・・・と、毎年この時期に思います。
[PR]
by michimichita | 2010-08-15 02:49 | 独り言


食綴りになってますのぉ


by michimichita

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

夏2014
at 2014-07-08 03:15
サンドイッチ♡
at 2013-12-04 15:38
at 2013-09-19 01:39
ひとくちサイズ
at 2013-09-15 01:52
ウチのデート定番。
at 2013-09-02 01:58

Thank you forever

カテゴリ

今日の出来事
おでかけ
photo life
パン作り
お菓子作り

キッチン
お買い物
独り言
教室
にゃんこ
iPhoneより

以前の記事

2014年 07月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧